7月3日に北海道に入り今日で49日目、今日が北海道最後の車中泊となる。

旅に出て今日でちょうど90日目、北海道を明日離れるが明日で50日、1か月位いるのかなと思っていたが、余りに居心地がよくまだまだ居たいが50日の滞在となった。

帰るのがあと一か月後とすれば大体9月23日ごろ、出発が5月23日で4か月、数字合わせをしているわけではないが、何か切が良い数字が並ぶ、年の1/3を旅したことになる。

おはようございます、今朝は”朝市駐車場”で迎えています。感想は後日に。

昨日の函館散策はまずは朝風呂から、2日間泊まるところがはっきりしないので入れるところで入っておく。

「おはらしょうすけ」さんになった気分だが、朝酒しないのでまだ大丈夫🍺。
DSCF5604

次に燃料補給、北海道でオイル交換からタイヤ点検まで世話になった”モダグループ”最後に51ℓ入れて残高が215円、来年来れるかわからないがカードはとっておきましょう。
DSCF5713

まず向かったところは金森赤レンガ倉庫。
DSCF5610

DSCF5633

金森赤レンガ倉庫の歴史は、初代渡邊熊四郎が最初の事業、金森洋物店を開業したところから始まります。

24歳の時に長崎から函館にやってきた熊四郎は、旧金森洋物店(現市立郷土資料館)・旧金森船具店で輸入雑貨や船具の販売等、数々の事業を営むかたわら函館四天王の一人として創設期の函館に数々の業績を残しました。

特に社会、文化事業に果たした役割は大きく、学校や病院の建設、公園や水道施設の整備等、多くの公共事業に私財を投じた。
DSCF5606

どこか違う国に入った感じ、小樽とも違う。
DSCF5608DSCF5612

建物の中にはいろんなお店が並ぶ。

DSCF5613DSCF5614
DSCF5615DSCF5616

いい景色です。
DSCF5617DSCF5619
DSCF5623DSCF5624
DSCF5625DSCF5631

明治十五年頃に築造された運河。
DSCF5645DSCF5632

さすがに三脚を出しては撮れず一枚だけ。
DSCF5635

日本で最古のコンクリート電柱、現在も現役。
DSCF5638DSCF5640

北海道、最後の方でいい所を見学でき満足です。
DSCF5642DSCF5643

時間調整で2時間以上停めているので買い物した方が得、3時間ほどで300円でした。
DSCF5644

この後、車を移動し函館駅方面を散策し色々情報を仕入れる。駅前。
DSCF5647DSCF5648

函館に来たなら夜景は見るべし、函館山登山バスで向かうか、函館山ロープーウエイで行くか、歩くか色々方法があるが、函館夜景ロマンコースの観光バスを選択、料金は1000円、登山バスで行っても往復で800円。
DSCF5650DSCF5651

こんなの付けて、バスガイドさんも同行です。
DSCF5707

約20分で山頂到着。
DSCF5660DSCF5664

30分の夜景見学。
DSCF5667

今まで雨、曇りが多く、久しぶりにきれいに夜景が見れるとのこと。想像以上にきれい。
DSCF5674DSCF5675

各階展望所は人でいっぱい歩くのもままならない、何とか背伸びして前の人の頭越しに見ることができたが、背伸びして前の人の頭越しに撮るのは手振れが激しく難しい。
DSCF5680DSCF5694

遠くで湯の川温泉の花火大会。
DSCF5686DSCF5687

並んでいる人が登山バスで来た人、何台もバス待ち、ロープーウエイは30分~40分待ちとの事で歩く人もいるよう。

ちなみにロープーウエイは乗り場まで自分で行き往復1280円。
DSCF5705

約1時間15分の観光、函館の夜景を十分堪能させていただき、ゆっくり座れて1000円安いですね。。
DSCF5709DSCF5710
今から早朝からやっている八頭温泉に向かい、その後五稜郭等を散策し今夜の車中泊地を検討。

2日間の車中泊地と朝市の模様はあす報告。