岩手県を出発するときは曇り、途中少しの雨が降ったが道路が濡れるほどではなかったが、山形県に入ったらすこぶるいい天気だった。
水道タンクの水の残量を示すランプが点灯しなくなって数日がたち、多分タンクの残量はあまりないはず、北海道京極で補充した残り2Lペットボトル7本を補充すると水の在庫がなくなった。
すぐに困ることはないが補充する場所があれば補充することにし出発、4号線で60Kほど走り途中から347号線で山形県に入るルートを選択、347号線は少しの山越えはあるがそんなに険しくはない、途中には銀山温泉もある。
山越えする道路沿いに湧水が出るところがよくあるが、人がいなければ見過ごしてしまう。今回はうまい具合に人を見つけることができた。
この光景
DSCF6391DSCF6389

お墨付きの名水です。
DSCF6390

タンクにも40Lほど入れペットボトルにも補充しこれでしばらくは水の心配はなしです。
DSCF6392DSCF6393

もう訪れる事がないだろうと思っていた”銀山温泉”再びやってきました。今回は立ち寄り湯に入っていくつもりで。その後勝手知ったる山形道の駅「天童温泉」へ。

ほんといいとこですね。前回も書きましたが熊本県には黒川温泉がある、黒川温泉は入浴客が少なくなった頃、温泉手形での3湯めぐりなど黒川温泉街が一丸となり観光客誘致に取り組み、今賑わっている。黒川温泉も歩きたい温泉街だが、ここ銀山温泉は黒川温泉とまた違った雰囲気があり歴史を感じさせる。
DSCF6398DSCF6399
DSCF6400

上の写真の突き当り、銀座温泉神社、神社仏閣でよく見かける千社札、千社札が処せましと張ってある、夢爺さんの千社札を作る必要があるかも?。
DSCF6419

はい登場です。夢爺さん千社札。

DSCF6403
DSCF6404DSCF6405

良い景色があれば撮りたくなります。良い景色ですね。

DSCF6409DSCF6410

突き当りの滝。
DSCF6412
DSCF6413

帰りに再度一枚。
DSCF6414

立ち寄り湯300円、チャリンと入れていただく。3人もいればいっぱいか、源泉63度のかけ流し、注意書きで、入る前に確かめて水で薄めて入るように、箱のところから源泉、その横が水道、水道をいっぱい出してチャポン、ジーとして。
DSCF6415DSCF6416

長くは入らなかったがいつまでも”ぽかぽか”しばらくは外のベンチで休憩。
DSCF6417

足湯DSCF6420

昨夜泊まった天童温泉の足湯、北海道を離れ久しぶりに賑わう道の駅に来ました。車中泊もいっぱいです。
DSCF6421

物産館覗けば美味しそうに見えるものが一杯、前回はさくらんぼが中心、今回は”もも”他にリンゴやスイカ。
1個だけでよいのだが1個づつは売っていない。
DSCF6423今日は久しぶりに朝から青空、今日も移動日になるが途中見るところがあれば見学。

“と”コロナ禍で中々、旅、旅行に出かけることが出来ない昨今、夢爺さんの2017年の旅回想録を読んで少しでも旅気分を味わって頂ければ幸いです。