雨のおかげでとんだ恵みがありました。
昨日は朝から雨、動かないと決めたが昼前ごろから小雨が降ったりやんだり、昼めし済んだ頃にはすっかりやんだようで、この時間から日光を散策するには中途半端、温泉博士と地図を眺めていると日光に入る前には鬼怒川温泉を抜けて日光へ、温泉博士に載っていないか調べるとありました、”鬼怒川観光ホテル”。
早速出発、途中で見かけた”龍王峡”の看板、寄っていくことに。
鳥居のところから入ります。
DSCF6653
急な”くの字”の階段が続く。
DSCF6621
DSCF6622
みえました滝
DSCF6623DSCF6624
河原に滝の上流
DSCF6626DSCF6627
いくつか小さい滝が見える。
DSCF6631
滝壺
DSCF6632
川にかかる橋
DSCF6633
橋から
DSCF6634
左の階段を行けば川のズート先にかかる橋に出る、このときスリッパで来たのを後悔する。
川下に滝が見える。
DSCF6637
後悔した爺さんと老夫婦の写真を撮ってあげたらお返しにパチリ。
DSCF6638DSCF6641
帰りに上から橋を。
DSCF6643
DSCF6649DSCF6650
皆さん手すりの力借りてハァ~ハァ~ゼェ~ゼェ~で上がっていかれますが、それを横目に若い爺さんはスリッパで御先にでした?。
DSCF6651
鬼怒川温泉街、鬼怒川観光ホテル、駐車場の案内係りの人としばらく話を、「今の時間はすいているのでゆっくりしていって下さい」と。

DSCF6654
マイ温泉セットを下げてスリッパで行くのは躊躇するような雰囲気、お客さんいっぱいでフロントも3~4人で対応、「露天風呂は改修中で使用できないがごゆっくり」と丁重な対応。
DSCF6657
大浴場は地下2階、洗い場は30ほどあったようなかなり広い大浴場でした。
右がホテル、鬼怒川に架かる橋、車は入れない。
DSCF6658
青い屋根があるところが改修中の露天風呂、鬼怒川を眼下に、紅葉の時期には素晴らしい眺めでしょうね。
DSCF6660
橋から下流と上流を。
DSCF6662DSCF6663
ホテル、日帰り入浴は1000円、温泉博士のおかげで良い所に入らせてもらっています。
DSCF6664
鬼怒川温泉近くには日光猿軍団、日光江戸村、鬼怒川ライン下りなど沢山楽しめるとこがあり観光客が多い所ででしょうね。
DSCF6666
昨日は雨のおかげでよい思いができたが、今日の天気もはっきりしない、昨日の予報では昼から激しい雨の予報、しばらく様子を見て行動を開始することに。