手作り投光器の成果は?

連日の夕方前からゲリラ豪雨に雷、日中暑かったのが少しは涼しくなるが被害が出ないか心配です。

手作り投光器の成果は?

材量が揃えば作るのは簡単、ものの2時間ほどで出来上がり。

部品を取り付けるコンパネをつくれば後は固定、配線すれば誰でも簡単に作ることが出来る。

今までインバーターから電源を引き投光器を設置していたが配線で引っかかる心配もなく足元はすっきり。

テーブル上のタッパーに入っている物は餌と同じ”キビナゴ”をから揚げしたもの、牛深産の刺身用キビナゴが百数十円で売ってある。

雨の心配して行ったが綺麗な夕日、連日の雨で誰も来てないだろうと話しながら行ったが何時ものバンコンご一同様は早々に釣り開始しておられた。2週間ぶりの再会に挨拶を。

投光開始。

ライトは1個で十分、今まで100V35Wの広角ライトにカバーを付けて光が散らばらないようにしていたが、狭角48Wライト1個点灯でボリュームを中位の絞りで今まで以上の効果。

この日は電圧も12,4Vから下がることはなかった、問題なく一晩の夜釣りは使えそう。

あまりの投光器のすばらしさに太刀魚がビックリしたのかこの日の釣果は2匹だけ、ほかの釣り人もほとんど釣果なし。

ライトは1個で十分、この価格で2個作れる、もう少し綺麗に仕上げBT別に”BTに繋ぐだけでどこでも設置できる投光器”で1個5000円ほど商売できないか?など金儲けを企んでいる夢爺さんにポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
ポチッとありがとうございます。