幾度となくリフォームしているメダカハウス、メダカの世話が億劫になり一度は断捨離したが?

夢見る爺さん趣味の部屋Ⅱ

孫8人、ひ孫3人の焼酎大好きな古希を過ぎた夢見る爺さんが、次の旅を目指して日々奮闘中の出来事を写真中心で書いているブログです。

今までの旅、キャンピングカー、快適化など「夢見る爺さん趣味の部屋パート1」はこちらから見れます。

日本の旅/北海道 (49)/青森県 (9)/山形県 (5)/秋田県 (6)/岩手県 (4)/新潟県 (5)/群馬県 (1)/福島県 (3)/富山県 (1)/栃木県 (2)/石川県(3)長野県 (7)/岐阜県 (6)/福井県 (4)/京都 (1)/兵庫県 (3)/岡山県 (1)/広島県 (3)/島根県 (7)/鳥取県 (2)/山口県 (6)/福岡県 (3)/日本の旅まとめ (141)

幾度となくリフォームしているメダカハウス、メダカの世話が億劫になり一度は断捨離したが?

幾度となくリフォームしているメダカハウス、メダカの世話が億劫になり一度は断捨離しようと、ほとんど差し上げたが、少し残っていたメダカで再び復活しそうな雰囲気。コロナ禍で自粛生活を強いられたとき、家を新築した時は観葉植物など植えていたが北側で育たず閉鎖し犬の置物が鎮座するくらいであとは物置き場になっていた場所、ここを金魚&メダカハウスに改造したのが始まり。「メダカの断捨離の記事はこちら」以前の記事はこちらから」原因はこちらもう増やす気はないが睡蓮鉢とマルシェの残りを少しだけ残した。」

このようにリフォーム

夜はライトアップなどして楽しんでいた。

増えに増えてこんな事になってマルシェで販売するまでになったが、ここまでくると世話するのは大変。

マルシェには2回出品。

そのマルシェの売れ残りを残して全て達者でいろよ、先方に可愛がられるんだぞ~と送り出し、「その記事はこちら売れ残りの容器で家の中で楽しむ事に、楽しみはこのくらいでちょうど良い”と”言うことにしたが?

断捨離してこのように、メダカハウスにも蓋をしていた。左の水槽は蓋を外しリフォームする前、右の青い水槽は水草。

気温が良くなりマルシェの売れ残りを家からだしこちらに移住、これから増やさぬつもりでいたが、飼い主の気も知らず、親も心子知らず、若気のいたりか?次々に卵を産んでくれる。

同居していると情が沸くのが人と言うものでございましょう。見捨てる訳にもいかず今はこのように、孵化した稚魚がうん十匹と、水槽の中に水槽がすっぽり入り個別に外れ手入れもしやすく、蓋して物置にするよりは良いでしょう。水槽はこれ以上は増やすつもりはございません。

ブログのネタになるのも良しとし、情にもろい夢見る爺さんにポチッと乾杯お願いします。

1日一善、一日1回ポチッとして頂くと10ポイント入り更新の励みになります。

一緒に“乾杯~”     歌って”乾杯~”    70代に”乾杯~”

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ               

“ポチッ””と”ありがとうございました。

  PVアクセスランキング にほんブログ村
  ランキング参加

“ 謝謝 ” 「감사합니다」

夢見る爺さん趣味の部屋Ⅱ - にほんブログ村