宇土市住吉「住吉海岸公園」に「ONE PIEC」ジンベエ現る。

夢見る爺さん趣味の部屋Ⅱ

孫8人、ひ孫3人の焼酎大好きな古希を過ぎた夢見る爺さんが、次の旅を目指して日々奮闘中の出来事を写真中心で書いているブログです。

今までの旅、キャンピングカー、快適化など「夢見る爺さん趣味の部屋パート1」はこちらから見れます。

住吉海岸公園にジンベエ像現る

熊本県宇土市住吉町の「住吉海岸公園」、長部田海床路がある場所で、そこにワンピース「ジンベエ像」が設置されました。忙しい合間を縫ってこんな処にも行ってきた。

「ONE PIECE 熊本復興プロジェクト」、プロジェクトは作者の尾田栄一郎さんが同県出身だったことなどから始まった。主人公「ルフィ」とその仲間「麦わらの一味」の計10体の像を設置する計画で、今回が最後の1体だった。
ジンベエの像は高さ180センチで、操舵(そうだ)手という設定だったことから、有明海に面した宇土市が選ばれたという。

「住吉海岸公園」、「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」は、熊本県宇土市にある景勝地で、沖合に向かって電信柱が立ち並ぶ不思議な光景を一目見ようと、多くの見物客が訪れている、海床路とは潮が引いた時だけ現れる道のことで、もともとは干満の差が大きい有明海で、海苔の養殖や貝を採集する漁業者のために1979年に建設されました。 約1kmの間に24本の電柱が並び、満潮時は道が海に沈んで、電柱が海の中に立ち並ぶ光景を見ることができ、この日は曇っていたが、晴れた日には目の前に雄大な雲仙普賢岳を望む事がでいる。

こんな光景も見ることが出来る。写真は他の記事から拝借。

夕焼けと電柱の灯りのコラボが美しい夕暮れ時長田部海床路(海中道路)

沢山の人がジンベエ像と写真を一緒に撮ろうと列んでいた。

「長部田海床路」に鎮座したジンベエ像が、10体目となる「ONE PIECE 熊本復興プロジェクト」の銅像。熊本県庁プロムナードのルフィー像、熊本市動植物園にチョッパー像、阿蘇市のウソップ像などなど。熊本県内各所で、10体が設置されている。

住吉海岸公園は此処。

1日一善・一日1回ポチッとして頂くと10ポイント入り更新の励みになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ旭さんと乾杯にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ歌 っ て乾杯にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
みんなで乾杯

ついでにこちらもポチッとして頂くと嬉しいです。


人気ブログランキング

ポチッとありがとうございました。

“ 謝謝 ” 「감사합니다」