佐賀バルーンフェスタ2019パート1動画はリベンジできたのか?

バルーンフェスタ動画はリベンジできたのか?

バルーンフェスタ2019、今年は3泊し、三加和温泉に入り3時ごろには無事帰還しました。

今回は動画を中心に撮ろうと前回の花火大会の失敗を踏まえて娘のカメラ”キャノンパワーショットSX730HSを借りて行ったが一日目の競技飛行を撮影し取り込む際に失敗。

一日目の動画を含むSX730HSで写したすべての画像が消えてしまった。

他のカメラで撮ったのは無事。

3日目の夜の夜間係留、ラ・モンゴルフィエノクネクチューンなどを中心に動画他を撮影、花火大会以上の枚数を撮影したので明日から整理しアップしていきたいと思います。

まず初めに触りの写真と動画を2本載せます。

夜間係留の写真は義弟が撮ったもの、義弟の趣味はカメラ、写真撮影、カワセミなどの写真集はプロ級、毎年来ていて撮影する場所は夢爺の反対側、会場先の嘉瀬川の堤防、ここでは川面にバルーンが写り2重に楽しめる。

花火も一緒に写っている。

最終日の一斉飛行の撮影は?

結論からいうと、風が出る予報があり時間を15分繰り上げて6時45分より競技開始その模様は下の動画で。

残念ながら最終日の一斉競技飛行は風の為に途中で中止。

夜間係留、ラ・モンゴルフィエノクネクチューンの出足の動画も一つ。

一杯飲んでお疲れのところ、まずはご報告までこれを投稿。

明日から数百枚の写真と動画を整理、佐賀バルーンフェスタ2019の模様を書いていきたいと思っている夢爺に頑張れのポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
ポチッとありがとうございました。

歴史と文化の薫るまち宇土探訪!

同じ町や市に住んでいても知らないところや行ったことがないところがまだまだ沢山ある、歴史と文化の薫まち宇土藩紹介。

「大太鼓収蔵館」、平成29年1月に開催された国の文化審議会において、「宇土の雨乞い大太鼓附(つけたり)関連資料」を国重要有形民俗文化財にするよう文部科学大臣に答申が出され3月に正式に指定された。

雨乞い大太鼓の国重要有形民俗文化財指定は全国初で、熊本県の文化財が国重要有形民俗文化財指定に指定されるのははじめてのこと。

この上に「轟御殿跡」があり桜の名所となっている。

開館時間:午前9:00~午後4時30分、休館:月曜日(但し月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)入館料:一般100円、小中学生50円

すべてケヤキの木をくり抜いた一木造りで,太鼓の両縁には木星(きぼし)と呼ばれる14面体の飾りがつけられており,古いものでは,走潟町平木地区の太鼓に寛文13年(1673)6月2日の銘があり、太鼓のほとんどは雨乞いや虫追いなどの村の行事のために市内各地区の太鼓小屋において保管されていいたが,これらの行事は戦後次第に衰退し,大太鼓も神社や寺に放置されていたり,朽ち果てていた。

しかし,昭和48年(1973)に椿原大太鼓が修復され,活用されるようになったことをきっかけに,他の地区でも大太鼓再興の動きが出てきはじめ,平成元~3年(1989~91),当時の竹下登内閣が打ち出した”ふるさと創生事業”の交付金を活用し大太鼓の修復と大太鼓収蔵館を建設した。
 (小さい写真はクリックすれば大きくなります。)

長胴太鼓のうち、この椿原地区のものがもっと大きく、面経は130cm、胴周は513cm、胴長207cmある、太鼓の両縁に取り付けてあるのが木星(きぼし)と呼ばれる14面体の飾り。

その椿原地区の長胴太鼓を、大太鼓たたきの達人気取りでたたく後ろ姿も”小林旭か菅原分太かのような旭さん!

ランキングに参加、更新の励みになります、気に入った写真に乾杯し、一緒に飲みませんか。ポチッと( ^_^)/□☆□\(^_^ )。

  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ    にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ     にほんブログ村 シニア日記ブログへ
  一緒に”カンパ~イ”  家飲みで”カンパ~イ”    分太さんに”カンパ~イ”

  ついでにこちらもポチッとしていただくと(*⌒▽⌒*)です。
  PVアクセスランキング にほんブログ村
  ランキング参加

“ポチッ””と”ありがとうございました。

“ 謝謝 ” 「감사합니다」

  ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村