九州三大祭りのひとつ「八代妙見祭」

熊本県の祭りの中で、八代妙見祭は九州三大祭りのひとつであり、ユネスコ無形文化遺産にも登録されてる。妙見祭は23日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産の神幸行列があり、笠鉾[かさぼこ]や亀蛇[きだ](ガメ)など40の出し物と約1700人が練り歩いた。沿道は20万人(主催者発表)の見物客でにぎわった。またまた写真を一杯撮りこの模様はあすから写真の整理でき次第投稿します。

葦北観光うたせ船体験乗船へ?

妙見祭を見学後、御立岬温泉へ直行し入浴後この夜の宿泊予定地道の駅「田ノ浦」へ、祭りで仕入れた肴他でまずは乾杯です。TVも映らず早めの就寝。

乗船希望者は先着順に整理券発行の為に何もすることがなく港に6時半には到着、天気予報では昼からまとまった雨が降る予想、9時受付開始に10時から乗船の予定が・・・・

こんな船に乗る予定、真っ白い帆をいっぱいにふくらませて滑っていくうたせ船、遠くから見ると白いドレスでおしゃれした「海の貴婦人」のような優雅な姿で魅了してくれる、 うたせ船は不知火海のシンボル。

だあれも来ないが準備だけは始まっています。

暫くしてこのように、雷に雨風、受付で打たせ船乗船体験は中止と分かっていたが地元海産物などの販売でも見て帰ろと思ったが車から降りるのもままならない状態で帰路に。

「海の貴婦人」乗船体験は次回に持ち越し、準備万端し計画すると割とこのような結果になることが多いなどと話しながら帰路についた夢爺さにポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
ポチッとありがとうございました。