八代妙見祭パートⅤ

グーグルAdSenseに申し込んでずいぶん経つが下記のような案内がきてから数週間たち一向につながらないSite Kitを使用していてAdSense他色んな表示が追加されたがこれから先が進展しないので1回白紙に戻しやり直したが良いか悩んでいる夢爺さん、どうしたらよいのでしょうか?

サイトに広告を表示できるように準備しています
通常は 1 日足らずで完了しますが、場合によってはそれ以上かかることもあります。完了次第、お知らせいたします。
Site Kit を使用している場合、お客様のサイト「https://yumemiru-zisan.com」は AdSense にリンクされます

妙見祭パートⅤ

随分、妙見祭で引き伸ばしましたがパートⅤ、パートⅥまであるのか?妙見祭の出し物の見どころは最初に紹介した【獅子】に砥埼河原で水しぶき上げ駆ける【神馬】それに今から紹介する【亀蛇】だと妙見祭評論家の夢爺さんが言っていた。

【亀蛇】「きだ」

「ガメ」の愛称で親しまれている亀蛇は、亀と蛇が合体した想像上の動物、その昔、妙見神が亀蛇に乗って海を渡ってきたという伝説にちなんだものと考えられている。

泣き出す子供が何人も。

亀蛇の大きさは全長3m、幅は2,5m重さ100kg以上。

亀蛇の中には「ナカ」と呼ばれる担ぎ手が5人1組で入りそのうち1人が首を操る。

河原にはいり水しぶきを上げながら回っていきます。

子供亀蛇登場。

担ぎ手は高校生くらいか?

親子「亀蛇」の競演

恒例の観客席への駆け上り。

観客席も大変。

正面プレハブの建物が放送棟。

最後に特別観覧席の前でひと踊。

気合いだ!気合いだ!気合いを入れろの掛け声で引き揚げていきます。お疲れさまでした。

まだ週半ば、週末の釣りネタの予定まであと数日ある、行列最後の亀蛇を紹介し書くことが保々なくなり困り果てた夢爺さにポチッとおねげぇーしますだ~。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ポチッとありがとうございました。