続こんな時シリーズ・こんな時は釣りにでも出かけましょう!

昨日は朝から雨、決して新型肺炎ではないが2~3日風邪気味で寝込んでいた夢婆さんが少しは元気が出たようで、第3日曜日はまっちゃ朝市が開催される日、何時ものようにここに立ち寄り何時もの場所へ釣りへ出かける予定をしていたが断念。

こんな時は2次感染を防ぐためにも釣りにでも出かけましょう!

新型肺炎ではないが夢婆さんは2~3日風邪気味ふさぎ込んでいる、他の家族はそれぞれ予定があり早くから出かけており、過剰に反応することはないが2次感染を心配した夢爺さんも午後から雨の予報に関わらず出かけた。

何度か紹介しているが、場所はモーゼが杖を突き刺し切り開いた陸の孤島。

何人もの先人がこんなものを造り上陸を試みたのでしょうね。”竹筏兵どもの夢のあと”by夢爺、決して芭蕉のパクリではない。

ズート先は八代港、大型旅客船などが入港する。

八代港「くまもとポート八代」は熊本県などが総額185億円をかけて整備し、4月に開業するクルーズ船の受け入れ港「くまモンポート八代」(同県八代市)が、新型肺炎の感染拡大で厳しい船出を迎えようとしている。13日には対策に追われている状況を考慮して、29日に予定していた落成式典の中止を発表。流行が長引けば寄港キャンセルが相次ぐ恐れがある。「くまモンポート」は県と国、米クルーズ船会社が世界最大22万トン級のクルーズ船も受け入れられる専用岸壁などを共同整備。八代港のクルーズ船寄港は2017年の66隻をピークに18年は30隻、19年は19隻と年々減少しており、県は回復の起爆剤と期待している。だが、20年に寄港予定の約70隻のうち8割が中国発着。中国政府が団体旅行を禁止している影響で、今後の寄港キャンセルや乗船客の激減などが懸念されている。4月7日に開業第1便を迎えて開く予定のセレモニーも現時点では白紙という。(毎日新聞より)一刻も早く終息することを待っています。

午後からの雨の予想だったが朝から少しぱらついだ程度で風もなく絶好の釣り日和になった。

この場所は沈み瀬が至る所にある、一投目から油断して道糸を出しすぎて瀬に掛かり仕掛けを切ってした、根掛を繰り返し仕掛けを交換しながら昼過ぎまで続けたが一度も浮きが沈むことはなかったがトレビア~ンな気持ちになった夢爺さんにポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ポチッとありがとうございました。