ここ2~3日曇り雨が続いています。今朝も曇り雨。
涼を求めてなどを書いていましたがもう寒いです。昨日は持参した中で終っていた唯一の冬物ジャンバー出してまた着ています。
昨日、宿泊地に到着した時の車内の温度18度、今朝の車内はコーヒー沸かした後で16度だが外は14~5度でしょう。素足では冷たい様な。
DSCF5318
謎の行動は後で書きますが今いるところは此処です。
汚い足で申し訳ない、今朝の気温には気持ちの良い足湯です。
DSCF5329
DSCF5330
摩周温泉です。????訳は後で?
DSCF5328
見事な満車、私の車も枠外だが停められるところにはほとんど停まっています。
DSCF5323
DSCF5324
奥の第2駐車場も満車、長期滞在の旅車は定位置に座ったままです。
DSCF5325
DSCF5326
盆休みに入り3連休も重なったせいか、このように停められるところは全て停めて満車、さすが人気の摩周温泉。
DSCF5327
京極を出発し、途中道の駅等に立ち寄り到着したのが、道の駅「鐘のなるまち・ちっぷべつ」
DSCF5267
この塔、歩いて登れます。最上部には屯田兵に時を知らせた鐘を模した国内最大級のスイングベルがあり、1日4回鳴り響いております。
DSCF5269
宿泊施設に日帰り入浴ができる温泉、朝湯は5時半~8時まで受け付け、通常は500円、この日は半額の日で250円で入浴できた。
DSCF5268
京極を出発し道の駅「鐘のなるまち・ちっぷべつ」までの走行距離194Km、ここから向かった先は????なんと?知床うとろ、その走行距離はなんと!313Km、一夜明けた道の駅「うとろ・シリエクト」、此処もほぼ満車。
DSCF5285
前回停めていたところには長期滞在の方の集団が?後でお知らせ。
DSCF5284
DSCF5288
日頃、車中泊は停めることのできない遺産センター前にもいっぱい。左をずーと歩いていけば港に流れ込む川。
DSCF5287
そのわけはこれです。
DSCF5289
鮭?鱒?多分鱒釣りと思うが、両岸に2~3m間隔に沢山の釣り人。
DSCF5290
多分50~60人ほどか?
DSCF5291
DSCF5292
つれました。
DSCF5294
DSCF5295
DSCF5296
DSCF5298
見ている間に他にも釣れたが取り入れに失敗、このとき朝の4時半、釣り人はダウン等で完全防寒、私は半袖に夏物のパーカー、鼻水が出始めたのでそこそこに退散。
DSCF5299
歩いて、自転車、単車等で出掛けられます、他にもいっぱい釣り場があるのでしょうね。
DSCF5301
浮きのそばに背びれを立てて泳いでいますが中々つれません。
DSCF5304
DSCF5305
キャンピンカー展示会場のよう。
DSCF5308
此処が上の写真の右側、知らないで駐車したらビックリするでしょうね。
DSCF5313
このような場所、道以外の釣り人もいっぱい。
DSCF5314
シーズンはズートここで過ごされるようです。
DSCF5315
道の駅「うとろ・シリエクト」から知床峠を超え、羅臼にはいり走ること174Km、道の駅「摩周温泉」に到着です。
到着し生えてないか見に行くと少しだけありました。キノコを採りに来たわけではありません。
DSCF5317
着いた時には後ろのコンテナにはこんなものをいっぱいに積んでいました。
DSCF5316
函館は盆休みは避けたいな~もう少し北海道をとか、愚だ愚だ思っていたら自分の思うフェリーが取れませんでした。結果的に21日のフェリーを予約することができたが、今度は日にちがありすぎる、ガラス玉に紐かけて時間を過ごすわけにもいかず、欲しいという人にあげてきたガラス玉がこのままでは帰るまでには底をつきそうで、えぇい!いッてやれ~羅臼まで、という事ガラス玉仕入れに羅臼まで走り、また摩周温泉に来ております。この間走った距離681Km。最初にフェリーを決めて江差、松前を散策し調整で函館に入る、これが最初の計画、なかなか離れる決心がつかず結果的に最後に失敗(でもないか?自由の旅だからいいのか)しました。今後は時間を調整しながら函館に向かいます。
”と”言うことでボチボチ帰路につこうかという時にガラス玉を仕入れに羅臼まで走った爺さんでした、冒頭書いてある通りこの日の朝からの温度は14~5度、今の熊本の温度は連日の35度越え、早く次の旅に出たい逸る気持ちを抑え、後2回ほどこの猛暑を乗り越え、新型コロナウイルス、熱中症に打ち勝ち、生きているなら実現するであろう次の旅を夢見ている自粛中の夢爺さんにポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ポチッとありがとうございました。