2017年、旅に出て91日・北海道から青森への回想

北海道の道の駅では、早めに入らなければ停められない道の駅、毎日数十台停まっていた道の駅、今朝はお馬さん2頭とさびしく、青森の道の駅「しちのへ」で迎えています。正面に馬の作り物が2頭、広い駐車場に私以外車中泊は3台、一晩で北海道が懐かしくなりました。
DSCF5843
昨日は道の駅「なとわ・えさし」を朝の5時半には出発、フェリー乗り場駐車場は2時間無料なのでブログでも書こうと思っていたがそこまでの余裕はなかった。乗船券はWEB予約していたのでスマートチェックで自分で簡単に発行できたが、朝食等をしていたら係りの人から1時間前には車の整列が始まり車を移動し待機。
函館市電
DSCF5773
DSCF5774
津軽海峡フェリー
DSCF5779
旅を終えた沢山の旅車が待機。
DSCF5780
各県Noの単車も沢山の荷物を積んで待機。
DSCF5781
乗船です。
DSCF5782
約1時間半の船旅、ガラス玉と紐を持っていき1個に紐かけできた。
青森の扉が開きます。
DSCF5783
DSCF5784
まず向かったのは恐山。
DSCF5786
この道路は恐山まで続く道路のよう。ここからの登りが大変(私の車では)、オートマのギアをLOで時速10Kほどで登る、久しぶりに四国霊場巡りを思い出す。
DSCF5787
道路わきにこのような仏さんがいくつも。
DSCF5788
到着、手前は広い駐車場、観光地に行けば到着すると、ハイ駐車料金500円と、取られるのが普通だがここはない。
DSCF5791
総門、入山料500円これも安い、この規模だと1000円以上は取られるのがふつう。
ひとを想うひとの心・霊場恐山
DSCF5792
DSCF5793
恐山は、今からおよそ千二百年の昔、慈覚大師円仁さまによって開かれた霊場。
DSCF5794
総門をくぐり正面にみえるは山門、右は寺務所、奥は宿坊、このときに御朱印帳を忘れたのを思い出し車へもどる。
左は本堂(供養の道場)
DSCF5795
山門
DSCF5796
幼子の霊をなぐさめるため風車をお供えするのか、積んである石は調べてみると、親より先に亡くなった子供が、自分は親不孝者だと思い、親を思って積み上げるそうで、それを天まで積み上げるとこの世に帰られるが、いつも地獄の鬼に見つかって崩されてしまうという話です?。生きている人が積んでいるのではないのかム々・・・いつ出てきて?どうやって?その時に会いに行けば会えるのか?霊の世界わからないですね。
DSCF5797
山門
DSCF5798
山門をくぐれば先には奥ノ院。
DSCF5802
奥ノ院手間には自由にお入りくさいのお風呂、左に女湯が2棟
DSCF5804
右に男湯、湯質がそれぞれ違う。帰りにいただく。
DSCF5805
本尊安置地蔵殿(祈願祈祷の道場)正面の山が地蔵山、恐山とは高野山、比叡山とあわせ、日本三大霊山に数えられる青森県むつ市に位置する霊場。「恐山」という山は存在せず、宇曽利(うそり)湖を中心とする釜臥山、大尽山などの八峰を総称して「恐山」と呼んでいる。
DSCF5806
左右の狛犬
DSCF5807DSCF5808DSCF5809DSCF5810
ここから霊場巡り。
DSCF5811DSCF5812
DSCF5813DSCF5814
岩場から硫黄泉が湧出し、まさに〝地獄〟のような景色が広がる中、それらをめぐって、死者の成仏を願うのが、「恐山」のお参りの仕方。
DSCF5815DSCF5816
DSCF5817DSCF5818
DSCF5819DSCF5820
DSCF5821DSCF5822
DSCF5823
奥は八角円堂、中には亡くなった方の思い出の品か、靴、タオル他いっぱい。
DSCF5825
奥の湖もきれい、宇曽利湖
DSCF5828
震災慰霊塔
DSCF5829
DSCF5831
「無間地獄」「金堀り地獄」「賭博地獄」など、136の地獄がある。自慢ではないが飲む打つ買うの三拍子当たり前、刑務所に行くような悪いことはしていない?、そんなに人に迷惑もかけていない?、そんなによいことも?、ひとのためにも?・・・仕事だけは60年間ほとんど休むことなく真面目?にやってきたつもりだが、お酒を愛し、女人を愛し・・行き先は、理想の”酒〇女〇地獄”?はたして私はどこに行くのか?
地獄にまで行って仕事はしたくないが。
DSCF5833最後に温泉を頂く、色は白濁した白に近い、特別な硫黄の臭いはしない、ヌルヌルはしない、注意書きは入浴時間は3~10分、顔は洗わない(多分目に入らないようにではないか)温度は少し熱めだがよい。
DSCF5835
上の写真を撮っていたら、先に上がられた方がとりましょうかと、撮ってもらった。
DSCF5836
外で涼んでおられ、上がってからも一枚撮ってもらった。青春18きっぷで1週間ほど旅行中との事。
此処では三脚を立てたり自撮りするのは躊躇された。
DSCF5837
御朱印
DSCF5840今日はブログアップが遅くなった、北海道は4時には起きていたが今朝は遅め、いつもは写真の整理は前日、朝食はブログの後にするが、広~い駐車場に車は少し、少しのんびりしすぎたか。
今からどちらの方向に向かうか何処へ行くか検討、今から毎日このようになるのか、目の前にイオンがある、散髪屋さんがあればそれから、他に食料品の補充を。
”と”言うことで帰路の旅が始まった、ブログのネタがない時、続編をアップしていきたいと思う今日この頃の夢爺さん”もぅよかばい”と言わずにポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ポチッとありがとうございました。
夢見る爺さん趣味の部屋Ⅱ - にほんブログ村