”どんど焼き”に”成人式”‼

夢見る爺さん趣味の部屋Ⅱ

孫8人、ひ孫1人の焼酎大好きな古希を過ぎた夢見る爺さんが、定年後、次の旅を目指して奮闘中の日々の出来事を写真中心で書いているブログです。

夢見る爺さん趣味の部屋パート1の思い出。

”どんど焼き”に”成人式”‼

三連休二日目、1月10日、市の成人式に地区の”どんどや”各地で雪の影響で亡くなられた方や、被害が報告されていますが、申し訳ないが幸いに私の地区では最近日陰に所々に少しだけの雪を確認できたが、この朝、数ミリ程度のの積雪を確認、雪の多い所には申し訳ないがこの程度、熊本県でも比較的雪は少ない所。

”どんどや”

各地で色々呼び名があるが一般的には”どんど焼き”と呼ばれるのが多いようだが私の所では”どんどや”と呼んでいる。最近は場所の関係で無くなるところも出ているようだが、特に今年は”コロナ渦”の影響で中止するところ多い様だ。私の地区でも色んな行事が中止する中で”どんどや”は開催された。

点火は11:00から、8:30、ふた班に分かれてやぐらを組む班と材料を積み込む班に分かれて作業開始、爺さんは積み込む班、前もって役員さんや地主さんやらで切っていた竹他雑木の積み出しから始まる。

2時間ほどで終了し開催場所に着くとやぐらは出来上がっていた、その昔、神社に張られていた幕、今は、新しくなっているが、その昔のが見つかり供養することに、右の幕は昭和10年につくられたもの。

そしてこちらは明治30年7月に出征軍人の方が奉納されたもの、日露戦争に出征された方ですね。

区長挨拶の後、乾杯に次いで点火。

無病息災を願ってやぐらを燃やす伝統行事「どんど焼き」一気に燃え上がります。

炎が沈静化すると、それぞれにお家にお供えしてあった鏡餅を焼きます。

例年は婦人会による”ぜんざい”がふるまわれるがコロナ渦のおかげで中止、代わりに区長の計らいで前もって頼んであった”豚まん”をそれぞれに配られた、飲んべ~の爺さんは豚まんより御樽のビールやお神酒が置いてある場所から離れることなく最後までしっかり守ってビール、酒を腹に入れていた夢見る爺さんにポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
ポチッとありがとうございました。