昨夜から風が強く、今朝まで強い風が車を揺らすほど、天気予報では今日は曇り一時雨の予想、そして向こう一週間は、気圧の谷や湿った空気の影響により曇りや雨の降る日が多い。なお、21日から22日は、湿った空気の程度等によっては大雨となるおそれがある”と”、このような予報が出ており、せっかくの稚内、今日はノシャップ岬等を散策し、もう1日~2日泊まろうかと思ったが非常に悩むところ、成り行きに任せましょうかね。
宗谷岬
しょっぱなから顔出し連発ご勘弁を!とうとうやってきました。九州から、一般人の行くことのできる日本最北端の地、宗谷岬へ、家を出て58日目、走行距離5,867Km、年甲斐もなくうれしく人目も気にせず写真パチパチです。もうここからは南下するだけですね。
DSCF4110
北緯45度31分22秒の“日本最北端の地”を標す記念碑。
DSCF4109
各県の単車もいっぱい。
DSCF4113
岬から上の公園を。後で行きます。
DSCF4102
間宮林蔵の像
DSCF4104
御存じでしょけどご説明を。
DSCF4106
DSCF4115DSCF4116
最北端の食堂に最北端のお土産屋さんも。
DSCF4117

最北端に来た車と。
DSCF4118DSCF4119
最北端の宗谷岬灯台。
DSCF4120
最北端の北きつね。
DSCF4121
公園から宗谷海峡。
DSCF4123
最北端で子分も向こうは漁港。
DSCF4126
最北端の公園に建つ間宮堂、多分美味しいのか人気店か賑わっていました。
DSCF4127
この公園から平原を走っていくと宗谷丘陵(周氷河地形)氷河期につくりだした地形。
57基の発電用風車が立ち並びます。
DSCF4129DSCF4130
到着です。最北端の駅”稚内駅”道の駅「わっかない」も兼ねているが道の駅は24時間使えるトイレのみ。
DSCF4150
左側が2時間使用できるトイレがある道の駅
DSCF4149
最南端は鹿児島の西大山駅、黄色いポストがあるところ。最南端の駅でも写真を撮っているので探し、あったら後で載せます。

DSCF4154

終点ここまで。此処から出発。
DSCF4157DSCF4158

駅周辺を紹介、駅前の通り。
DSCF4159DSCF4160
丘の上に建つ開基百年記念塔、この丘には北方記念館もある。
DSCF4142
稚内港北防波堤ドーム、これを見に来る人もたくさんおられる。
DSCF4133
1936年、波除用に建設された全長427m、高さ13,6m、70本の円柱が連なる半アーチ型ドーム、古代ローマ建築を思わせる世界にも類のない構造物として北海道遺産となっており役目を終えた今では港のシンボルになっている。
DSCF4139DSCF4140
この手前は利尻島、礼文島行きのフェリー乗り場、朝からもたくさん人がスーツケース引っ張り行かれています。
DSCF4146DSCF4179
今朝の道の駅周辺
DSCF4168
ズート先が駅、一番端のいいところに停めれました。運転席側には停められても構わないが、できるだけ出入するドアの方は夜間トイレに行くときなどのドアの開閉の音など気を使う。
DSCF4169
反対側もいっぱい。
DSCF4166
前にあるホテル。
DSCF4172
ホテル横の公園周りでも車中泊。建物はトイレ、すぐ横には水道
DSCF4173
三台ならんでいる旅車は四国3県から来れれているお友達同士、毎年この時期に長く滞在されるとの事で、もう何年も、すぐ近くにトイレ、水道、歩いて行ける範囲にスーパー、温泉もあり何にも不自由することがない、暑い間はここで過ごす。
資料等いただき色々教えていただきました。
DSCF4174
私の後ろにも公園がある、歩いて数十秒。
DSCF4177DSCF4171
水飲み場もある。今朝はここで洗顔を、冷たくて気持ちが良い。
DSCF4178
街中にあり、この広い公園、長期滞在の避暑地に最高ですね。この涼しいところに何日か居たい気がするが、嫁さんが、首を少し長くして待っているのかな?早く帰れと!

追伸・ハイこちらが日本最南端の駅、指宿市山川大山にあるJR日本最南端の駅「西大山駅」、 畑の中にたたずむこの駅は、正面に臨む、別名「薩摩富士」とも言われる開聞岳が目の前に迫る景観も自慢。
DSCF4052

駅前に設置してある最南端のポスト「幸せを届ける黄色いポスト」
DSCF4049DSCF4050