毎日が天気の心配ばっかり、今日の函館は曇り晴れ、久しぶりに雨のない日を過ごせそうだがどうでしょうか。

昨日は松前を散策、途中、道の駅等で休憩しながら函館に入る、まずナビの指示通りに向かったのは大型スーパーT○○○、すぐ近くに温泉があり買い物、風呂に便利かなと選んだが、ここで車中泊することはできず用事を済ませて移動、フェリー乗り場、朝市駐車場は一泊600円ほどで車中泊ができることを調べていたので行ってみるが、駐車場で食事の準備するのも何かと変、ぐるぐる徘徊するが適当な場所が見つからず、函館より40Kmほど先の道の駅「なとわ・えさん」に向かった、函館出るときは小雨、しばらく走ると結構な雨、到着したのが7時ごろワイパー、ライトをつけて走ったのは今回の旅で初めて。

おはようございます、今朝の道の駅「なとわ・えさん」で迎えています。

「なとわ・えさん」とは、”あなたとわたし”という意味、この地方の方言らしい。

後ろは日本海、松前のように風は強くない、波の音だけ。
DSCF5601

久しぶりに散策用の靴を履く、今回の旅には運動靴も含めて4足持参、出発して保々毎日、下の靴を履いてきたが北海道にきて履く機会が少ない。

車での移動が多いからか。
DSCF5528

松前城下通り。
DSCF5531

松前城、正式な名前は福山城、安政元(1854)年、日本で最後につくられた日本式の城で、天守の内部は資料館。

昭和24年に火事で本丸御門を残し消失したが、昭和35年に天守、近年では二の門や天神坂門などを復元工事でよみがえらせている
DSCF5533DSCF5534

最上階より道の駅と日本海。
DSCF5539

いろんな資料を展示。
DSCF5540
DSCF5541
DSCF5543

上の家族の写真を撮ってやったらお返しに撮ってもらった。パチパチと。
DSCF5545DSCF5546

DSCF5547DSCF5548

松前神社
DSCF5549DSCF5550
DSCF5551DSCF5552

龍雲寺、1625年創建、国指定重要文化財、箱館戦争で焼失を免れた唯一のお寺。
DSCF5553
DSCF5554DSCF5555

光善寺、1533年創建、後水尾天皇から山号と法衣を賜ったとされるお寺。DSCF5558DSCF5556DSCF5559DSCF5560

江戸の町並みを再現したテーマパーク、松前藩屋敷。
DSCF5562DSCF5563

海の関所「沖の口奉行所」、藩士の暮らした「武家屋敷」のほか、商家、回線問屋、番屋、髪結など14棟が当時の生活などを再現している。
DSCF5564DSCF5566

商家
DSCF5567DSCF5569

旅籠
DSCF5570

髪結
DSCF5571

番屋
DSCF5572DSCF5573

廻船問屋
DSCF5574DSCF5575
DSCF5576

武家屋敷
DSCF5577
DSCF5578DSCF5579

夢見るお殿様。
DSCF5582DSCF5583
DSCF5584

ベンチで見つけたもの、熊の糞かと思ったが?何かの木の実ですね。
DSCF5585DSCF5587

約2時間半の散策でした。
DSCF5592

城下通り。
DSCF5593DSCF5594

途中立ち寄った道の駅「横綱の里ふくしま」、ここ、ふくしまは横綱”千代の山”と千代の富士の出身地。

九重部屋の夏合宿が開催される場所、九重部屋の”のぼり”が沢山ならぶ。
DSCF5595DSCF5596

入館せず入館料を見ただけで、最後は千代の富士さんと記念撮影。
DSCF5598
見学する所には駐車場はある、あと二日、車中泊する所を悩むところ、ここから行ったり来たりでは往復80Kほど、朝市駐車場、フェリー乗り場にするかどうしましょうか?今から検討を。